小じわ・たるみ

小じわ・たるみを改善させる

小じわやたるみは、年齢や紫外線により、真皮内の弾性繊維がダメージをうけることで発生します。
日光に当たる機会が多いとより早く老化し、ハリのないしわの多い皮膚になります。
普段から紫外線に当たらないよう心がけましょう。
日焼け後は、なるべくビタミンAを多く含む食品を摂取したり、皮膚からもビタミンAを補うと、しわと老化予防に効果的です。

ほしの皮ふ科クリニックの小じわ・たるみ治療

当クリニックでは、主にレーザーによる治療・スキントリートメントによる治療を行っています。

小じわ・たるみの治療法

リフトアップレーザー

ロングパルス・ヤグレーザーにより、皮膚の真皮層を加温することでコラーゲン量を増加させ、肌の引き締め・肌にキメ、ハリを与える・小じわの改善を目的とします。
月に1回の間隔で4~5回ほど治療を継続することで、より高い効果が期待できます。
フェイシャルトリートメントとの併用で、レーザーの効果を更に高めます。

トリニティプラス

シミ、小じわ、たるみや毛穴といったお肌の悩み全般に対し、光・赤外線、ダイオードレーザーとRF(ラジオ波)を同時に照射して、安全かつ効率的に解決していく治療です。
肌の奥でコラーゲンの再生が促されることで、治療直後から引き締め効果やハリを実感でき、たるんだ肌へのリフトアップや小じわの改善効果が出てきます。
また肌全体がみずみずしさを取り戻し、肌質そのものが美しく改善されていきます。

イオン導入

電気的な力を使って、皮膚の内部までイオン化された水溶液をいれていく方法です。ビタミンC・ビタミンAなどを皮膚の奥まで効率よく届けて行くことができます。
単純塗布に比べ約40~70倍の浸透力があり、皮膚深部まで浸透させることができるため、ビタミンの効果を高く得ることができます。
メラニン色素の抑制によりしみの改善(特に肝斑・くすみ・そばかす)や、活性酸素の抑制、毛穴のひきしめなどにも効果があり、にきびの改善しわやたるみにも効果的です。

エンビロントリートメント

ビタミンCだけではなく、ビタミンA・ビタミンEも配合し、少しずつ濃度をステップアップしていくことができます。ホームケアとの組み合わせで更に効果的です。
Wビタミンコースでは、超音波導入とイオン導入を同時出力。ビタミンA・ビタミンC(整肌成分)を通常塗布した場合の約40倍以上浸透。クールビタミントリートメントとの組み合わせによって相乗効果が期待できます。

当院で使用している小じわ・たるみ治療用レーザー

  • ダイオードレーザー
    (メディオスターNeXT(ネクスト))
  • アレキサンドライトレーザー
    (キャンデラ社ジェントルMax)
  • ヤグレーザー
  • 考えられる副作用について:レーザー全般に、感染・やけど・色素沈着・瘢痕を起こすことがございます。